スカートと脚の関係

スカートの種類は様々ありますが、自分の体型にあったスカートを探すのは難しいものです。
スカート丈は短ければ短いほどスリムに見えますが、脚に自信がない人はついついロングスカートで隠しがちなるかと思いますが、スリムに見せるためには短いスカートの方が良い場合があります。
スカートの丈は脚を細く見せたい場合は、かなり重要になってきます。
丈の終わりが、そのポイントを強調するからです!一番太い部分で終わる丈のスカートは、太い部分をわざわざ強調しています。
例えば、ふくらはぎが気になるししゃも脚さんの場合は、足首部分まであるロングスカートや、マキシ丈スカートでしっかりと隠すことで、ふくらはぎの太さをカバーできます。
もしくは思い切ってひざ丈以上の短いスカートを履いて見せた方がスッキリして見えます。
また、タイトスカートは、ウェスト部分はすっきりと見せることが出来ますが、ひざ下は太めに見えます。
タイトスカートは脚が気になる人にはあまりお勧めできません。
ウェストやヒップは気になるけどひざ下は細い方にお勧めのスカートです。
脚だけでなくウエスト、ヒップも細く見せる効果のあるスカートがあります。
プリーツスカートは、そのシルエットから、ウェストやヒップが太めに見えます。
その為、もしウェストやヒップをスリムに見せたいのでれば、フレアースカートの方が無難と言えます。
フレアースカートは、そのシルエットからウェスト部が細めに見えます。
また、ひざ下部分もスッキリと見せることが出来ます。
スカートの形、丈だけでなく素材や色によっても体の見え方は変わってきます。
ヒールのある靴を履くかどうかも下半身の見え方に大きく関わってきます。
ぺたんこ靴は可愛らしくて楽ですが、スカートには合わない場合があります。
自分の体の形を知ることで、自分をキレイに見せてみましょう。